英語のヒアリング(リスニング)

英語のヒアリング(リスニング)は、喋る事に比べると比較的簡単に習得出来ます。 英語を何度も繰り返し聞く事は、慣れて来るとそこまで苦になりません。

発音を練習する時は周りに人がいる所では気が引けますが、ヒアリングは電車の中でも出来ますね。 楽しくないと続かない、という人はまず洋楽から入ってみるのもいいです。 好きな音楽の系統の中で気に入った人の曲を何度も繰り返し聞いて、一緒に歌えるまで覚え込んでしまいましょう。

音楽の中には実際に現在使われているスラングなども入っているので、単語やイディオムを覚えるのにも効果的です。

英語のヒアリング(リスニング)の教材

30日間、ただ繰り返し聞くだけで「英語耳」と「発音力」が同時に身につく英語マスター法とは? ヒアリング 開発者のスコットペリー先生は、現在、芸能人や歌手に発音矯正をしているそうです。実際にネイティブの発音を繰り返し聞き、 英語に耳を馴染ませる事でリスニング力を強化して行く教材です。

バカ売れ「日本一」英語教材。耳が開いている時間に流して聞くだけ。辞書のいらない英会話。
【安心の長期5年保証付】
リスニング
「流して聞くだけ」で英会話が身につけられる「エブリデイイングリッシュ」。リーズナブルで使いやすい教材です。

英語のヒアリング(リスニング)の練習

英語のヒアリング(リスニング)を始めるにあたって、最初はゆっくりめに喋っている教材をおススメします。 慣れて来るまでは、日常的なスピードだと聞き取れなくてやる気を無くしてしまうかも知れません。英語のリズムに慣れてきたら、 徐々に実際の会話スピードの英語になれる為に映画、アニメ、ドラマ、ニュースなどの聞き取りを追加しましょう。 映画やドラマにも、聞き取るのが難しいものと、比較的楽な物があります。それはこちらのページで説明しています。

ニュースを毎日見るのもおすすめです。アナウンサー達は、ゆっくり、はっきり、オーバーに喋っているので、 映画やドラマに比べると聞き取り易いです。ただし、実際に一般人の喋る英会話となるとそういう必要以上にはっきり聞き取り易く喋る人達はなかなかいません。 ニュースに慣れて来たら、ドラマや映画の色々な癖のある口語に慣れて応用力のあるヒヤリングを身に付けて行きましょう。

英語のリズムに慣れて来ると、面白い様に耳が成長して行きます。そこまでは辛抱して、単語がどう発音されているのか、 会話文の基本形がどういう風に使われているのか、頭の中に刷り込む必要があります。 練習を続けているとある日、映画やドラマなどを見ていてすらすらと理解出来る時が来ます。 その中で知らなかった単語があったら、後で調べる事を習慣にして更に語彙力も上げて行きましょう。