英語好きになるには?

私も中学校、高校と、英語の勉強が苦痛でしょうがなかったタイプの一人です。 周りの友達は英語好きが多かったので、「文法や単語暗記の何が楽しいんだ?」と不思議に思っていました。
嫌いな教科の勉強にもちろん身が入るはずがなく、成績もイマイチなまま受験勉強で更なる苦痛を味わった苦い思い出があります。

好きこそ物の上手なれ

現在では映画を字幕無しで楽しんでいる私が、「英語嫌いじゃないかも?」と思えるようになったのは、 従来の文法・単語暗記・リーディングという勉強法から、実践的な聞く・喋るという勉強法にシフトした時です。

既に日本の高等教育で嫌という程文法や単語を勉強しているのなら、 実践で使える英会話の勉強にシフトしても、自然に文法や単語が頭に入るようになっていきます。 英文を日本語で理解し易いように並び替える、という日本の学校ならではの勉強法ではなく、 毎日英語を聞く事で、いつの間にかすんなり頭の中に文型が入り込んで理解する事が出来る日が来ます。

ただし、苦痛を伴うやり方をしても、いつか飽きてしまったり嫌になってしまったりするだけです。 聞き取りの基本である英語の発音をみっちり勉強した後は、映画やドラマ、アニメや音楽、ニュースなど英語が使われているものなら何でも教材にして 楽しみながらいつの間にか勉強してしまっている、という状態に持って行きましょう。 発音を耳で実際に聞きながら、自分もその音をまねして繰り返す事で基本的な聞き取りが出来るようになって行きます。

英語がいつの間にか好きになる

ちょっとでも聞き取れるようになってくればこっちのものです。だんだん、 「英語嫌いじゃないかも?」という状態になっていきます。 理解出来る!という自信が沸いて来ると英語好きかも?という状態になるのも難しい事ではありません。

基本を抑えたら、自分流に自分の好きなものを教材にして、英会話力を身に付けて行きましょう。

基本を身につけるには、まず英語を聞き取る力をつけることです。 発音が分からないと、聞き取りももちろん出来ません。 文法や単語の暗記に必死になっていた人は、まず一つ発音を実際に耳で聞きながら身に付けて行く教材を使ってみましょう。

英語発音は「UDA式発音PRO」 英語の発音