英会話を上達させるには?

英語の文法の知識や語彙力はあるのに、実際に喋るとどうも英語の表現がぎこちない、 相手にすんなりと理解してもらえない、そういう事がありませんか? 何が足りないのかと言うと口語表現で使われている言い回し、イディオム、フレーズに慣れていないからという場合が多いです。 英会話を上達させる近道は、まず実際に使われている表現法に慣れる必要があります。

日本語 → 英語

日本語で考えてそれを訳して英語にすると、イマイチ良く伝わらない事が多々あります。 文法的に正しくても、そういった言い方をしないので相手にすんなり伝わらない、 相手は「?」となってしまう事もあります。

実際によく使われる表現方法に慣れてそれを使う事で改善出来るのですが、 その表現法はどうやって覚えて行けばいいのでしょうか?

英語的表現に慣れる

英会話を上達させるには、この英語的表現をどんどん覚えて行く必要があります。 慣れて来るといちいち日本語 → 英語へと変換しなくても、英語の言い回しで相手に言いたい事を表現出来る様になってきます。 英会話の上達のコツは、この英語的表現に慣れてしまう事です。

日本に住んでいて英語に身近で接する機会が無い、という方には、映画を観て実際に使われている口語表現に慣れる事は英会話を上達させる近道でもあります。 英会話学校に行くより安価でDVDやBDは手に入るし、映画を観る事で耳をまず鍛えながら表現法をどんどん覚えて行く事も出来ます。

そして自分のお気に入りの俳優さんの生の声で映画を見て、喋り方の癖や演技法を感じ取れるのもなかなか楽しいです。 吹き替えの声優さんが表現出来ていない部分、もしくはオーバーに演じすぎている部分などが見えて来たりします。 また日本語字幕のニュアンスの取り方の間違いなどにも気づく様になって行きます。 そうやって映画を楽しみながら英会話を上達させて行きましょう。

英会話上達への道

映画で使われている会話は、ニュースなどオフィシャルな英語と違って実際にその登場人物のキャラクター設定に合わせた喋り方が使われています。 例えば、荒っぽいアクション映画の悪役だったら、カスワードたっぷりでいかにも悪者、スレた女性はやっぱり荒っぽい口振り、 堅い職業に就いている主人公だったら丁寧だけどちょっと融通が利かない堅さがあったり、 柔軟で飾り気のない人や、ちょっと気取った人、現実世界での人間模様にもあるようなシチュエーションを反映された英会話が盛り込まれています。

英語の口語表現に慣れる

会話の中での使われ方によって意味が違って来る単語や、スラングなどもあります。映画を見続けて英語に慣れる事でストーリ−や会話の流れを理解して、 「ああ、こういう風にも使われるんだ」という事が分かって来る様になります。

いきなり2時間前後ある映画を英語で見始める事は大変なので、アニメやテレビシリーズを初心者向けに紹介して行きます。 まずは苦痛にならないような量の英語を聞き始める事から始めて見ましょう。 習うより慣れる事が英会話を上達させる近道です。