このエントリーをはてなブックマークに追加

カールじいさんの空飛ぶ家 UP

カールじいさんの空飛ぶ家 DVD
中級
カールじいさんの空飛ぶ家」(UP)は、2009年のピクサー・アニメーション・スタジオ製作のCG長編アニメーション映画。アメリカ映画。

あらすじ
いつか一緒に伝説の滝『パラダイス・フォール』に行こう、と誓い合っていた最愛の妻を亡くしたカールじいさん。妻との思い出のたっぷり詰まった家の周りは都市開発がすすみ、カールじいさんも追い出されそうになっています。 そんなときやってきたボーイスカウトの少年ラッセル。老人を助ける事で貰えるバッジが欲しいラッセルは、カールじいさんに何か手伝える事は無いかと聞いてきます。

声の出演:エドワード・アズナー クリストファー・プラマー ジョーダン・ナガイ

カールじいさんの空飛ぶ家 の英会話 英単語、イディオム、フレーズ

エリーとの出会いのシーンで使われている英単語、イディオム、フレーズ。

exclusive
exclusiveには排他的な、閉鎖的な、高級なという意味があります。ここでは他の人を簡単には入れない特別なクラブという意味で使われています。
you got what it takes?
〜するのに必要な力があなたにはある?
良く使われるフレーズです。
go ahead
前進して、先に行って(エリーがカールを後ろから半ば強引に押していますね。)
go aheadにはいくつかの意味があり、よく使われます。
  • 例文:Go ahead. どうぞ、お先へどうぞ、進めて(相手を施す)
  • 例文: He is going ahead of us. 彼は私たちの先を進んでいる。
Go on
進む、続ける(エリーが躊躇うカールに進む様に催促しています。)
Go on は他にも起こる、似合う、振る舞う、など色々な使われ方をします。
  • 例文:He went on and on about his girlfriend. 彼はガールフレンドの事を話し続けた。
  • 例文:He went on to the next stage. 彼は次のステージへ進んだ。
  • 例文:Something is going on here. ここで何かが起こってる。
swear
誓う
That's it!
それだ!
怒ってる時などに使われるThat's it!は、それまでだ、それでおしまいだ!のニュアンスになります。
backing out
back out 手を引く、止める

ラッセル君登場のシーンより
in need of 〜
〜を必要とする
elderly
お年寄り
Yep! 
イェップ!=yes
sneaks in
こそこそ忍び込む
gobble
がつがつ食う
clap your hands
手を叩く
burrow
隠れ家
Got it!
解った。了解。
  • 例文:I got it. 解った。

カールじいさんの空飛ぶ家 をアマゾンで探す

メニュー