高慢と偏見 Pride And Prejudice

高慢と偏見
上級
高慢と偏見」(Pride And Prejudice)は、1995年のイギリスドラマ。BBC製作。女流作家ジェーン・オースティン原作。 放送当時のイギリスでとても人気があった作品です。「ブリジット・ジョーンズの日記」がこの作品をベースにしているのも有名ですね。 色々な作品に影響を与えた「高慢と偏見」のドラマ化作品です。

あらすじ
田舎町ロンボーンに別荘を買った独身の青年資産家ビングリー(クリスピン・ボナム=カーター)は、友達のダーシー(コリン・ファース) 妹を連れて町の舞踏会に参加します。そこでベネット家の姉妹ジェーンやエリザベス(ジェニファー・イーリー)と知り合うのですが、 貴位の高いダーシーはダンスをしようともせず、町の女性の容姿にも批判的な態度でそれを聞いたエリザベスに悪印象を残します。

出演:ジェニファー・イーリー コリン・ファース アリソン・ステッドマン クリスピン・ボナム=カーター

高慢と偏見 の英会話

冒頭のロングボーン(ベネット家)のシーンで使われている英単語、イディオム、フレーズ。

Look what you've done
あなたが何をしたかのか見てみなさいよ
良く使われる言い回しです。
  • 例文: Look what you've done to me. あなたが私に何をしたか見てみなさいよ。
  •  
tattered 
ぼろぼろの
large fortune
莫大な財産
ちなみに、small fortuneも a large sum of money(多額の財産)という意味があります。
chaise
軽装二輪馬車
tiresome 
やっかいな、めんどうな
distressed
苦しんで、悩んで、困って
ベネット氏が思う様に動いてくれない事に対して夫人が大げさにI am so distressed! と騒ぎ立てます。
will of iron
鋼の意思
get over it
(それを)乗り越える、
過去に起こったことをくよくよしないでさっさと乗り越えなさい、(忘れなさい)という時などに使われます。
  • 例文: Are you still mad at him? Get over it. まだ彼の事怒ってるの?さっさと忘れなよ。(乗り越えなよ。)
  •  
live to see
(生きて)見届ける
fortitude
忍耐力
out of his wits 
out of one's wits 正気でない
entailed
entail 相続人を限定する
disposition
性質、気質
induce
誘導する、誘発する、仕向ける
matrimony
結婚、婚姻

高慢と偏見 をアマゾンで探す

メニュー