映画で覚える英会話

映画を英語+英語字幕で観ていると、自然と使われているフレーズやニュアンスに慣れて行く事が出来ます。

例えば、Really? 本当に? Really. 本当だよ。そうなんだ。よく言うよ。
一般的な会話でよく使われ映画でもよく聞きますが、会話の中でどう使ったか、どういう風に発音をしたかでニュアンスが変わりますね。 Really?は語尾を上げて「本当に?」と問いかけているのだけど、語尾を下げてReally.と発音する場合は、 「本当だよ」とか「そうなんだ」といったニュアンスになります。また、言い方によってはちょっと皮肉に「よく言うよ」というようなニュアンスを持つ事があります。

映画の中では人物の掛け合いや表情などの演技でそのニュアンスが伝わってきますね。

そういった生きた会話を学ぶのに、映画で使われている英会話は最適です。 説明されるより、映画の中の流れで『こういう風に使われるんだ』『こういうニュアンスもあるのか』というところを自然に覚えて行く事が出来ます。
頻繁に会話で使われるようなフレーズはこのサイトでも紹介していますが、 映画の中に沢山出て来るので「あ、この言い方良く使われるな」と映画を観ながら覚えてしまいましょう。

このサイトでは新旧問わずに映画を取り上げていますが、なるべく話題になったそこまで古くない作品を中心に紹介しています。 好きな映画で英会話を学ぼうというほかにも、 最近の映画の方がクラシックな映画より現在喋られ、よく使われている単語やフレーズが学べるからです。

今現在よく使われる言い回しになれる事で、より自然な英会話を覚える事が出来ます。 各映画のページで紹介しているフレーズをどんどん覚え込んでしまいましょう。

メニュー