映画の台本(スクリプト/スクリーンプレイ)

映画を英語で観始めたばかりの時は、英語の字幕に追いつくのにとても苦労します。 そんな時は映画の台本を手に入れて、一度映画を観る前に軽く読んでから映画を観ると理解し易くなります。

とても好きな映画のDVDを手に入れて台本を観ながら繰り返し観ると、徐々にもとの言語で理解が出来るようになってきます。 映画の中の会話が余りに速くて聞き取れない、途中でギブアップしそうな時は台本をまず読んで読んだ所まで映画を観る、というやり方をおススメします。

台本は、英語でscript(スクリプト)とか screenplay (スクリーンプレイ)などと呼ばれます。 ネットで販売している所もあるのですが、物によってはネット上で無料で探せます。 ただしもちろん著作権が絡むので、最近の人気の映画などは無い場合も多いです。 アマゾンのスクリーンプレイ・シリーズ

映画の台本はダイアローグ(会話)やちょっとした情景描写が中心なので、本などを読むのと比べると格段に楽なのが台本のリーディングです。 しかも、実際にどういった場面でどういう感情を付けて喋られているのか読んだ後に映画で確認出来るので、 微妙な単語の意味の違いや会話のニュアンスまで理解できる様になっていきます。

『それでも映画を一本観るのはきつい』という方には自分の聞き取るスピードに合わせて再生したり、 英語学習に特化した超字幕シリーズ超字幕 というPCソフトがあります。辞書とリンクしていて字幕中の単語にカーソルを合わせれば意味が表示されたり、 聞き取れるまで何度もリピート再生したりする事も出来ます。 かなり至れりつくせりなソフトなので、初心者の方にはとてもおススメです。

メニュー